鳴子峡の紅葉2018の遊歩道情報と時期予想!アクセスと駐車場の情報も




秋といえば紅葉の秋ですが、もう紅葉の予定はおきまりでしょうか!

紅葉シーズンになると全国の名スポットは大混雑が予想されますが、

それでも行きたくなるのが紅葉ですよね!写真や映像で見るものよりやはり実際に

見る紅葉では大自然の迫力とダイナミックさが桁違いですよね!

 

全国各地にさまざまな名所があると思いますが、今回は宮城県の鳴子峡の紅葉を

ご紹介しようと思います。

 

鳴子峡といえばなんとと言っても断崖絶壁から見下ろすV字峡谷の紅葉ですね!

毎年全国からたくさんの観光客が訪れるほどで東北屈指の絶景スポットではない

でしょうか。特におすすめなのが紅葉の景色の中を列車が走る姿で、つい時間を

忘れてしまうほど景色に見とれてしまいます。

 

まさにポスターや絵はがきになる理由がわかりますよね。テレビでこの風景を

見ただけでも思わず「すげえ~!!」と声をあげてしまったほどです(笑)

 

で、今回は宮城県の名スポットである鳴子峡に行かれる方は県内はもちろん県外から

も多いと思うので、こんなトピックでご紹介していこうと思います!

 

題して「鳴子峡の紅葉2018の遊歩道情報と時期予想!アクセスと駐車場の情報も」

それでは進めて行きましょう!

 

鳴子峡の紅葉2018の遊歩道情報と時期予想!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

鳴子峡 14

TaiZoさん(@tazmania63neo)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いい運動。 お年寄りの方が、ぐんぐん歩いてく。 #鳴子峡遊歩道 #息切れ

Tabさん(@tabaiaiai)がシェアした投稿 –

まずは鳴子峡といえばまわりの景色を眺めながら散策ができる遊歩道が有名ですよね!

遊歩道は長い階段をひたすら降りたと思ったら折り返して次はひたすら階段を登りますが、

その途中には滝があり、まさに絶景!しばらく立ち止まって見とれてしまいますし、

マイナスイオン効果で歩いた疲れなど一気に吹っ飛んでしまいます(笑)

 

遊歩道では他にも紅葉狩りや写真撮影、綺麗な空気をお腹いっぱい吸うなど自分だけの

楽しみ方で自然を満喫できて都会ではなかなかできない自然と遊ぶという体験ができます。

大人も子供も普段見たことない絶景にテンションがあがること間違いなしです。

 

また、どうせ行くなら一番綺麗な時に見に行きたいと思う方がほどんどだと思います。

ということで気になる鳴子峡の見頃の時期ですが鳴子峡は例年10月中旬から色づきはじめ、

10月下旬~11月上旬が見頃とされています。

 

この時期は大変混雑することが予想されますが、人生で一度は見た方がいい絶景なので

ぜひ行ってみてはいかがでしょうか!また10月でも相当寒いと思いますので、

防寒対策はしっかりして行かれることをおすすめします。

 

アクセスと駐車場の情報をチェック!

冒頭でもお伝えしましたが、東北屈指の紅葉スポットなので、全国から多くの

観光客の方が訪れることは必至なのですが、そのアクセス方法について見ていきましょう。

 

鳴子峡へのアクセスは東北自動車道「古川IC」から車で約50分です。

また、電車の場合は陸羽東線「鳴子温泉駅」から車で約10分。

またはJR「中山平温泉駅」から車で約5分です。

 

陸羽東線「鳴子温泉駅」から徒歩の場合は約70分、

JR「中山平温泉駅」から徒歩の場合は約40分もかかりますので、

お気を付けください。

 

こちらが公式のHPです⇒http://www.naruko.gr.jp/access/

 

鳴子峡は車でしか行けない立地なので、紅葉シーズンはすさまじい大渋滞が

起こります。周辺道路が国道47号線のみで抜け道などがなく片道一車線なので、

大渋滞にあるのはもはや必然と言っていいですよね。

 

そして鳴子峡の一番の見どころスポットの近くに鳴子峡レストハウスの駐車場

がありますが、第一駐車場がバス12台、乗用車49台第二駐車場が乗用車114台、

第三駐車場が乗用車90台と合計253台止めることができるのですが、

紅葉シーズンですとあっという間に満車になってしまいます。

 

駐車料金はバス(大型)1000円、バス(中型)700円、普通車500円、バイク200円。

駐車場は朝7時30分から利用できますが、9時すぎには満車になるそうなので、

早朝に出発しないと止めることはなかなか難しそうです。

 

ほかにも鳴子峡の名所スポットである大深沢橋の北側に紅葉シーズンでも無料の駐車場が

あるのですが、一押しのおすすめ駐車場なのでこちらも早朝に行かないと止めるのは

ほぼ不可能だと予想されます。

 

いずれにしろツアーの観光客の方などがお昼くらいから来ることが考えられるので、

そこを避けようとすると平日または早朝に訪れるしか大渋滞を避ける方法はなさそう

ですね。スケジュールに余裕がある方は是非そうしてください。

 

まとめ

今回は、「鳴子峡の紅葉2018の遊歩道情報と時期予想!アクセスと駐車場の情報も」

ということでお送りしてきましたが、いかがだったでしょうか??

 

東北屈指の紅葉スポットだけあって県内、県外、そして海外からもツアーなどで

大勢の観光客の方が訪れることが予想されますが、大渋滞の末に見た絶景はきっと

格別なものになりますし、はるばる来たかいがあったと思うのではないでしょうか。

 

ぜひ事故だけには気を付けて紅葉を楽しんでください!

それでは今回はこれで終わりです。最後までお読みいただきありがとうございました!