コロナで内定取り消しになった会社や企業はどこ?旅行会社・IT系・卸売り業者など








新型コロナウイルスの感染拡大で就職を控えた大学生などが企業から内定を取り消されるケースが増えているというニュースが報じられました。

理由としてはさまざまなイベントの中止や観光客の減少によって経営が悪化し、就職しても仕事がなかったりということが考えられるそうです。

4月からの社会人生活を楽しみにしていた学生にとってはとても辛いことですよね。

今回はそんなコロナによって内定取り消しになった会社や企業がどこなのかまとめました。

Sponsored Link

コロナで内定取り消しになった会社や企業はどこ?

NHKの取材によると新型コロナウイルスの影響で就職の内定が取り消される事態が2月末から発生しています。

現在、企業名や会社名は発表されていませんが、次のような業態に内定の取り消しが起こっているそうです。

・旅行会社(観光系)

・ホテル業界

・イベント関連会社

・結婚式場(ブライダル系)

・IT系

東京都内の旅行会社に就職予定だった学生によると内定先の会社から2月末に「新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化し採用することができない」という連絡を受けたそうです。

この学生は9月に卒業し入社する予定だったそうですが、周りには4月に入社する予定の人もいて絶望的な状況の場方もいるそうです。

ほかにもこれまで分かっているだけでIT関係の会社や卸売り業者でも内定の取り消しが確認されています。

引用:NHK NEWS WEB

このような内定取り消しに対してネットでは「コロナのせいで内定取り消しになった」「4月入社は無くなった」など嘆く声が上がっています。

また企業の関係者の間でもこの危機的状況について次のように語られています。

「開業予定の新店舗が遅れる可能性が高くなっている」(ホテル業)という話や、「来シーズンの新商品の入荷が未定になっている。客数も激減しており、パートやアルバイト、派遣を解雇している状況」(アパレル業)という話など、いずれも先行きの見えない状況だと多くの企業の関係者が言います。「営業時間の短縮や、店舗そのものの休業や撤退などが必要な状況に迫られており、新たに人を雇うどころか、今いる正社員の雇用を守れるかどうかの瀬戸際だ」(小売業)

引用:ヤフーニュース

Sponsored Link

内定が取り消された人の支援は?

それでは実際に内定が取り消された際にはどうすればいいのでしょうか。

仮に卒業式が終わっている学生でも3月31日までは「学生」。

なのでもし内定取り消しをされてしまったら、まず連絡するのは大学の就職指導部やキャリアセンターだそうです。

またコロナでの内定取り消しについて加藤厚生労働大臣は次のように述べています。

就職を控えた大学生などが企業から内定を取り消されるケースを1件把握しているとしたうえで「企業には内定を取り消さないよう最大限の経営努力をお願いしている。内定の取り消しを受けた人に対してはハローワークで就職先の確保など丁寧に支援したい」

引用:NHK NEWS WEB

もし大学にどうしても相談に行きたくない人はハローワークを利用するのも1つの手段のようです。

ハローワークでは学生や卒業後3年以内の人を対象にした「新卒応援ハローワーク」という窓口が全都道府県に開設しています。

内定取り消しにネットの反応は?

Sponsored Link

まとめ

今回は「コロナで内定取り消しになった会社や企業はどこ?旅行会社・IT系・卸売り業者など」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

新型コロナウイルスで経営が悪化したいる業態はやはり観光系やホテル系に多いようですね。

コロナに感染するのは心配ですが、このまま自粛が続くと経済への打撃の方が心配になってきますね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link