競泳の中村克イケメンの高校や経歴!学生時代の弁当が衝撃的!?




2019年7月12日から28日にかけて、韓国・光州で世界水泳選手権2019が行われます。

水泳といえば東京オリンピックでもメダルが期待されている競技で日本のお家芸とも言われていますよね。

そんな日本代表選手の中で短距離のエースと言われているのが中村克選手です。

めちゃくちゃイケメンで競泳にあまり興味がない方でも気になっている人は多いのではないでしょうか。

「イケメンすぎる」「すごいタイプ」などの声がたくさん上がっているので、今回は中村克選手の高校や経歴について見ていきたいと思います。

題して「競泳の中村克イケメンの高校や経歴!学生時代の弁当が衝撃的!?」です。

Sponsored Link

競泳の中村克イケメンの高校や経歴!

まずはじめに中村克選手の簡単なプロフィールを紹介します。

中村 克(なかむら かつみ)

・1994年2月21日生まれ(25歳)

・東京都調布市出身

・身長183cm

・体重75kg

・種目:自由形

・所属:イトマン東進

中村克選手は調布に住んでいた中学1年の時に水泳を始めるのですが、スイミングクラブの選手コースは通常途中加入はできず、全て断られてしまったんです。

そんな中、当時住んでいた調布のスイミングクラブのコーチが拾ってくれてクラブに加入することができます。

しかし最初はみんなについていけず入部を後悔したこともあったそうです。

すごい意外ですよね!

水泳を始めた頃からダントツで速かったわけではないようですね。

中学2年の時に足立区の第十四中学校に引っ越し、東京マリン舎人に入部します。

ここでも自分より速い選手が多かったそうなんですが、逆にそれが刺激になり、中学3年の時には初の全国大会出場を果たし400mリレーで2位という素晴らしい成績を残します。

中村克選手がとても負けず嫌いなのがわかりますね。

周りに自分より速い選手がいることが中村克選手にとってすごいいい環境だったようです。

そして高校は東京の武蔵野高校に進学して中村克選手の快進撃が始まります。

高校2年の時にはインターハイの50m自由形で優勝し、3年の時には2連覇を達成し、100m自由形でも2位になります。

まさに中村克選手の才能が開花しましたね!

もしかしたらこの頃からすでにオリンピックを意識していたかもしれません。

大学は早稲田大学のスポーツ科学部へ進学します。

3年の時には日本選手権の50mと100m自由形で3位

パンパシフィック選手権の100m自由形では惜しくも6位だったものの、初の48秒台となる48秒96を記録します。

また400mメドレーリレーではチームの2位の貢献。

確実に中村克選手のレベルが上がっていますよね。

個人でも団体でもしっかり記録を残しています。

さらに学生選手権では50mと100m自由形で2冠を達成して、もう学生の中では敵なしの状態。

4年の時には日本選手権50m自由形で2位でしたが、100mは48秒78で見事に初優勝を飾ります。

ただ世界選手権の標準記録に達していなかったため、個人では代表に選ばれなかったもののリレーの選手に選ばれます。

そしてジャパンオープンの100m自由形では日本記録を0秒08上回る48秒41の日本記録を樹立して優勝

更にすごいのが2016年の日本選手権では100m自由形で自身の日本記録を更新する48秒25で優勝して、400メートルリレーのリオデジャネイロオリンピック代表に選出されます。

そこで第一泳者としてなんと47秒99という日本人初の47秒台を記録したのです。

まさに短距離界のエースにふさわしい泳ぎですね!

そんな中村克選手の進化はまだまだ止まらず、2018年2月のきららカップの50m自由形では21秒87の日本記録を樹立し、コナミオープンでは100m自由形で自身の日本記録を0秒12更新する47秒87で優勝します。

日本記録を出した後もどんどん自分の記録を更新していく姿はかっこいいですね!

世界水泳選手権2019や東京オリンピックでは中村克選手が表彰台にあがっている姿が目に浮かびますね。

続いてはそんな中村克選手の学生時代の衝撃的な弁当について紹介したいと思います。

Sponsored Link

中村克の学生時代の弁当が衝撃的!?

アスリートは練習だけでなく、食事の管理も大変だと思いますが、中村克選手は毎食しっかり取るタイプのようで緑の野菜が大好きなんだとか。

特にブロッコリーとほうれん草が好きで中学、高校の時は大きいタッパーにブロッコリーだけを詰めて行ったそうです。

意外ですよね!

学生の頃なんて野菜より肉が好きな人が多いと思うんですが…。

ちなみに味付けは炒めて、塩、コショウというシンプルな味で中村家ではこれを森林弁当と呼んでいます。

更に中村克選手の野菜好きのエピソードがあり、中学、高校の時に「大会でベストタイムを出したら、好きなことしてあげるよ」とお父さんが言ったところ、なんと中村克選手は「ほうれん草5キロ食べたい!」と言ったそうです。

もう完全にリアルポパイですよね!

中村克選手のカラダはほぼブロッコリーとほうれん草でできていると言っても過言ではないでしょうね。

ぜひブロッコリーとほうれん草をたくさん食べて世界水泳選手権2019で活躍してほしいです。

Sponsored Link

まとめ

今回は「競泳の中村克イケメンの高校や経歴!学生時代の弁当が衝撃的!?」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

中村克選手は100m自由形で日本人初の47秒台を記録し、自らその記録を更新していてまだまだこれからの進化が楽しみな選手でしたね。

また学生時代はタッパーにブロッコリーだけ詰めるという森林弁当が衝撃的過ぎました。

子供たちもこれを知ったら野菜を好き嫌いせず食べるかもしれませんね。

ぜひ世界水泳選手権2019での中村克選手の活躍に期待したいです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link