帯広が暑い理由は異常気象?全国でこの暑さはいつまで続く?




今日5月26日の北海道では午前中から5月では考えられないほどの暑さになりました。

帯広市ではまさかの38.8℃を観測し、年間の最高気温を更新したそうです。

全国で1番涼しいイメージがある北海道が全国で5月の最高気温を記録するのは完全に異常ですよね。

なので今回は帯広市が38.8℃の暑さになった理由やこの暑さがいつまで続くのかについて見ていきたいと思います。

題して「帯広が暑い理由は異常気象?全国でこの暑さはいつまで続く?」です。

Sponsored Link

帯広が暑い理由は異常気象?

北海道で5月に猛暑日となるのは史上初めてです。

しかも帯広では今朝の最低気温が15.1℃だっため朝と昼の温度差が20℃を超えています。

JR帯広駅ではレールの温度が上昇したため、札幌や釧路に向かう特急列車が運休になるほどです。

それでは一体なぜ帯広でこんなに気温が上昇したのでしょうか。

その理由として考えられているのが、上空ジェット気流の大きな蛇行と地形と風の影響によるフェーン現象です。

13日(月)からこの大きな蛇行は現れていて、日本付近で高気圧が大きく発達し、ジェット気流は北に大きく蛇行しました。

そして南北に蛇行した状態はゆっくりと東に動き、今週のはじめには中国大陸に南から暖かい空気が流れ込みやすい形へと変化しました。

この真夏とも言える異常気象は日本だけでなく、23(木)には北京最高気温36.6℃河南省のチェンチョウでは39.2℃という異常な暑さを観測。

そして日本付近の深い気圧の谷が徐々に東進するとともに、蓄積された非常に暖かな空気が日本に上陸したようです。

まだ5月は暑さにカラダが慣れていない時期のため熱中症になりやすいそうなので、こまめな水分補給や塩分補給を心掛けたいですね。

運動会や屋外での作業の際は特に注意が必要です。

Sponsored Link

佐呂間町では39℃超える暑さに!

北海道の帯広市の38.8℃が全国1番の暑さだと思っていましたが、さらに気温が上がった場所がありました。

それが北海道のサロマ湖がある町で有名な佐呂間町脅威の39.5℃です。

朝の8時40分すぎには35℃を超えていたので、暑さで目が覚めた方も多かったのではないでしょうか。

また午後2時の調べによると全国で最高気温が最も低いのは北海道えりも町の襟裳岬14.3℃

佐呂間町とは約250キロ離れていますが、気温差はまさかの25.2℃です。

ここまで来ると同じ道内とは思えない気温差ですよね。

早く平年通りの気候に戻ってほしいところですが、一体この異常な暑さはいつまで続くのでしょうか。

Sponsored Link

全国でこの暑さはいつまで続くの?

北海道ではこの記録的な暑さは一時的なもので、1週間後には20℃に届かないヒンヤリした気候が戻ってくるそうです。

札幌の最高気温は26日(日)、27日(月)は32℃と記録的な暑さですが、28日(火)は一気に21℃まで下がり肌寒くなるので、今度は温度差によって風邪を引かないように注意が必要です。

長袖はまだしまわない方が良さそうですね。

東京でも火曜日以降は真夏日からは解放され27~28℃の日が続きますが、28日(火)23℃の予想で涼しい日が戻ってきます。

全国的に5月では考えられない記録的な暑さが続いたので今度は平年並みの気温に戻った時の温度変化で体調を崩さないように注意が必要です。

まとめ

今回は「帯広が暑い理由は異常気象?全国でこの暑さはいつまで続く?」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

北海道で5月の全国最高気温をマークするなど記録的な暑さの原因は上空ジェット気流の大きな蛇行と地形と風の影響によるフェーン現象によるものだそうです。

全国的に27日(月)まではこの暑さが続きますが、28(火)には一気に気温が下がるので気温変化によって体調を崩さないようにお気をつけください。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link