ティッシュが品薄なのはなぜ?気になる原因や値上げの理由を調査!




現在、ドラッグストアでティッシュの品薄が続いていて話題になっています。

G.Wからティッシュの品薄状態が続いていて、ドラッグストアでは「1人1点まで」という注意書きがあるほどです。

ということで今回はなぜ今、ティッシュが品薄状態になっているのかその原因やティッシュが値上げしている理由について見ていきたいと思います。

題して「ティッシュが品薄なのはなぜ?気になる原因や値上げの理由を調査!」です。

Sponsored Link

今ティッシュが品薄の原因は?

それでは今、なぜティッシュが品薄状態かというと2019年の4月に愛知県春日井市にある「王子製紙春日井工場」での火事が原因ではないかと言われています。

けが人が出ずに済んだのでよかったのですが、消防車13台が出動し、3時間以上の消化活動が続いたそうです。

工場が大きいから余計に消化活動には時間が掛かったのだと思います。

この火災の影響で春日井工場は2週間ほど生産が停止してしまい、出荷量が4割ほど減ってしまいました。

しかもG.Wの10連休前ということで、お店側が大量に発注する時期だったので、2つの要因が重なってしまい品薄状態になってしまったようです。

4月、5月は花粉症の時期でもありますし、1年の中でもティッシュを特に使うので最悪のタイミングに火災が発生してしまったんですね。

王子製紙の工場の方たちも忙しい時期だということはわかっていたと思うので、火災のせいで働きたいけど働けないというのはとてもやるせない気持ちだったでしょうね。

なので原料が足りないという訳ではなく、工場が忙しい時期に稼働できなかったのが大きな原因なので、徐々に供給量は回復していくことが予想されます。

では次はティッシュの値上げの理由について見ていきたいと思います。

Sponsored Link

気になるティッシュ値上げの理由は?

ティッシュの値上げの理由は古紙などの原料の高騰と電気やガスの光熱費の値上げが理由と考えられます。

また、ティッシュやトイレットペーパーは単価が安い割にかさばるので、トラックに積める量も限られてしまい、物流費や人件費が大きなコストになっているようです。

たしかにドラッグストアでティッシュやトイレットペーパーが入っているダンボールはすごい大きい割に入っている数はこれだけっていう感じですよね。

物流するのにはとても効率が悪いのが分かる気がします。

今後、原料や光熱費の値下げは考えられず、ますます高騰する可能性があるのではないでしょうか。

ネットの反応

それではティッシュの品薄に関してネットの反応を見ていきたいと思います。

ネットでの反応はニュースなどを見て気づく方が多いようでそこまで実感はないようですね。

特にドラッグストアでトラブルになっている様子もないので、大げさに買い占めなどはしないようにしたいですね。

Sponsored Link

まとめ

今回は「ティッシュが品薄なのはなぜ?気になる原因や値上げの理由を調査!」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

ティッシュの品薄の原因は王子製紙春日井工場の火災がG.W前の忙しい時期に発生してしまったことが原因でした。

それに加え4月、5月は花粉症の時期ということで更にティッシュの品薄に拍車をかけてしまったようです。

今後は王子製紙春日井工場の出荷量の回復とともにティッシュの品薄は解消されていくことが予想されます。

またティッシュの値上げの理由は古紙などの原料の高騰と電気やガスの光熱費の値上げ、そして物流費のコストの増加が考えられます。

今後も1年ごとに多少なりとも値上げしていく可能性は高いかもしれません。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link