東京マラソン2020はなぜ中止にならない?大規模イベントに当たらない理由は?








新型コロナウイルスの感染拡大防止のために政府によって2週間の大規模イベントの自粛が要請されました。

それによってスポーツの試合や音楽ライブなど数々のイベントが延期になりました。

しかし3月上旬に開催する東京マラソンやびわ湖毎日マラソンが開催される予定のようです。

今回はそんな東京マラソンやびわ湖毎日マラソンがなぜ中止にならないのか、大規模イベントに当たらない理由についてまとめました。

Sponsored Link

東京マラソン2020はなぜ中止にならない?

日本陸上連盟によると東京マラソンやびわ湖毎日マラソンは「参加選手が数百人で大規模イベントに当たらない」とし予定通り開催する考えを明らかにしました。

実施するのは3月1日の東京マラソン、8日のびわ湖毎日マラソン、名古屋ウィメンズの3大会です。

そしてこの3大会が東京オリンピックの代表選考会を兼ねた大会だということが、中止にならない1番の理由だと考えられています。

何か月も前から準備している選手がいるので簡単に中止にはできないということでしょうか。

Sponsored Link

東京マラソン2020が大規模イベントに当たらない理由は?

東京マラソンが大規模イベントに当たらない理由について日本陸上連盟は次のようにコメントしています。

一般参加を取りやめるなど規模を縮小しており、参加選手は東京が約200人、びわ湖毎日が約300人、名古屋ウィメンズは約130人の見込み。3大会を主催・共催する日本陸連の風間明事務局長は「マラソンで大規模は数千、数万人を指す。

引用:毎日新聞

たしかに走る選手は数百人かもしれませんが、ランナーを見に来る人が絶対にいますよね。

その人数も合わせたらおそらく数千人にはなるのではないでしょうか。

日本陸上連盟の言い分に対し「ランナーが感染していたらウイルスをまき散らすのでは」や「運動で疲弊した体は発症しやすい」など不安の声が続出しています。

これだとアーティストの方が何のためにライブを中止しているのかわからないですよね。

ただ選手が悪いわけではないので選手に対する誹謗中傷は気を付けましょう。

東京マラソン2020開催についてネットの反応は?

Sponsored Link