ワールドカップバレー2019の当日券は何時に行けばいい?時間帯を調査




2019年9月14日(土)からワールドカップバレー2019が開催されます。

ワールドカップバレーはオリンピック・世界選手権と並ぶ世界3大大会のひとつとされていて、ひときわ選手にも気合が入っていることと思います。

大会が3連休と重なることから応援に行かれる方も多いのではないでしょうか。

また当日に行くという方もいると思うので、今回はそんな方のために当日券(自由席)は何時に行けば入手できるのかについて見て行きたいと思います。

題して「ワールドカップバレー2019の当日券は何時に行けばいい?時間帯を調査」です。

Sponsored Link

ワールドカップバレー2019の当日券は何時に行けばいい?

まずはワールドカップバレー2019の日本の日程について見て行きます。

9月14日(土)19:20~、対ドミニカ共和国

9月15日(日)19:20~、対ロシア

9月16日(月・祝)19:20~、対韓国

9月18日(水)19:20~、対カメルーン

9月19日(木)19:20~、対中国

続いて当日券(自由席)が入手できる時間帯について平日と土日祝に分けて見て行きます。

平日の場合

日本戦はすべて第3試合からなので、平日の場合は第1試合から見る方が少ないと思います。

なので平日は仕事があり、第3試合からしか見に行けないという方は第2試合が終わる前の16:30頃には会場に行きたいところです。

第3試合は19:20からなので、当日券(自由席)を確保した後は本当は原則禁止ですが、会場の外で食事をして再入場することができます。

そんなにいい席ではなくてもいいという方でしたら、17:00ちょうどくらいに会場に到着していれば大丈夫だと思います。

やはり仕事が終わって訪れる方も多いので、17:00以降は混雑してくる可能性が高いです。

17:00をひとつの目安と考えていただければと思います。

土日祝の場合

土日祝の場合は、第1試合から観戦する方が多いので、良い席を確保したい場合は第1試合の1時間前である11:30には会場に行くことをオススメします。

平日と違い土日祝は早い時間帯で当日券(自由席)が埋まっていくので、第3試合の日本戦だけ見たいからと夕方に会場に行っても当日券(自由席)がない可能性が高いです。

土日祝に行かれる予定の方はぜひ第1試合から世界最高峰のバレーボールのプレイを観戦してはいかがでしょうか。

テレビで見ているのとは全く違い、スパイクの音やスピード感などとても迫力がありますよ。

何より会場の雰囲気がライブのようにとても盛り上がっています。

ワールドカップバレー2019の当日券の売れ行きは対戦国によって変わる?

当日券(自由席)を入手するための時間帯について説明しましたが、この時間帯は日本の対戦国によっても実は変わってきます。

なのでここでは日本がどの国と対戦する日が混雑するのかについて見て行きたいと思います。

ワールドカップバレー2019ではおそらく初日のドミニカ共和国戦、16日(月)の韓国戦、19日(木)の中国戦が特に混雑するのではないでしょうか。

初日のドミニカ共和国戦についてはワールドカップバレー2019が開幕する日なので日本の最初の試合を見たいという方は多いはずです。

また16日(月)の韓国戦、19日(木)の中国戦についてはアジアのライバルとの対戦ですから、サポーターにも力が入るのは間違いないでしょう。

特に16日(月)の韓国戦は祝日ということもあり、ワールドカップバレー2019の1番の混雑と盛り上がりになると思います。

この16日(月)だけは11:00頃には会場に着いていた方がいいです。

ぜひ皆さんで日本代表を盛り上げましょう!!

まとめ

今回は「ワールドカップバレー2019の当日券は何時に行けばいい?時間帯を調査」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

ワールドカップバレー2019の当日券(自由席)は平日だと第2試合が終わる前の16:30頃には会場に行きたいところです。

土日祝だと第1試合から観戦する方が多いので、良い席を確保したい場合は第1試合の1時間前である11:30には会場に行くことをオススメします。

また今回のワールドカップバレー2019で1番の混雑が予想されるのが16日(月)の韓国戦です。

この日は祝日でもありライバルの韓国戦ということなので、11:00頃には会場に着いていた方がいいと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link