清野とおるの経歴やプロフィール!年収や性格・壇蜜との共演動画も




壇蜜さんと漫画家の清野とおるさんが結婚を報告しました。

2人の馴れ初めはTBS「櫻井・有吉THE夜会」の共演がきっかけだそうです。

今回は「清野とおるの経歴やプロフィール!年収や性格・壇蜜との共演動画も」と題して次のことについて探ってみました。

・清野とおるの経歴やプロフィール

・清野とおるの年収

・清野とおるの性格

・清野とおると壇蜜の共演動画

Sponsored Link

清野とおるの経歴やプロフィール!

清野 とおる(せいの とおる)

生年月日:1980年3月24日(39歳)

出身地:東京都板橋区志村

代表作:「青春ヒヒヒ」「ハラハラドキドキ」「東京都北区赤羽」

1998年に「アニキの季節」でデビューされています。

その後、週刊ヤングジャンプにて「青春ヒヒヒ」「ハラハラドキドキ」を連載しますが、半年で打ち切り。

単行本化されたそうですが、現在は絶版されています。

もし単行本を持っていたらかなりの清野とおるさんファンと言ってもいいですね。

打ち切りがきっかけで実家にいづらくなり2003年冬から赤羽で一人暮らしを始めます。

この時期は自信でも「漫画の海の中でブクブク溺れているような状態」と振り返るほどのスランプ時代だったとのこと。

2008年にはケータイまんが王国にて「東京都北区赤羽」を連載してメディアで注目されます。

赤羽では「ONE PIECE」よりも売れている漫画なんだとかw

いつもマスクを被っているのは漫画の取材活動に影響を及ぼすからだそう。

たしかに赤羽の街に溶け込んでいた方がニッチな話が聞けてネタが増えそうですよね。

現在はモーニング・ツーにて「その『おこだわり』、俺にもくれよ!!」とSPAにて「ゴハンスキー」を連載中。

清野とおるの年収は?

漫画家さんの世界は実力社会のためトップクラスになると年収も凄まじいですよね。

そんな漫画家さんの平均年収は約400万と言われています。

「東京都北区赤羽」のヒットでテレビ出演も増え、山田孝之さん主演でドラマ化もされています。

なので400万以上は間違いなく稼いでいると思いますし、約1000万近く稼いでいてもおかしくないと思います。

清野とおると壇蜜との共演動画!

実際に清野とおるさんと壇蜜さんが共演している動画の1部がこちらです。

清野とおるさんがミスをして誤っている姿を壇蜜さんが微笑ましく見ています。

この共演が初対面だったそうですが、そんなことは全く感じさせない親近感がありますね。

壇蜜さんの方から「今、気になって仕方のない男性」として清野とおるさんにオファーしたそうなので、以前から何か感じるものがあったんでしょうね。

清野とおるさんもこの収録に対して「秒単位であなたのことをエロイ目で見ていました」とメッセージを送られたそうです。

もうこの時点でお互いに気が合っていたんでしょうね。

それにしても壇蜜さんが奥さんとは羨ましいすぎますね!

清野とおるの性格は?

こちらが壇蜜さんの結婚コメントです。

清野とおるさんの性格について物静かにで優しい方だと語っています。

たしかに清野とおるさんはシャイで静かな部分があり、独特の世界観がある印象です。

また壇蜜さんは好きな男性のタイプについて「仕事以外はだらしなくて、家に帰ると靴下を自分で脱げない人」と語っています。

もしかしたら清野とおるさんは漫画以外のことはだらしなく、それが壇蜜さんには可愛く見えるのかもしれませんね。

男性にとってはショッキングなニュースですが、お二人には是非とも幸せになってもらいたいです。

Sponsored Link