筑後川花火大会2019のシャトルバスの時間は?混雑回避の方法も




各地で花火大会が始まり、ようやく夏本番といった感じですね!

どこの花火大会に行こうか計画中の方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな全国の有名な花火大会の中から、西日本屈指の花火大会として有名な「筑後川花火大会」をピックアップしていきます。

筑後川花火大会は1万8000発のスケールの大きい花火大会として有名で1度見たら忘れられない花火大会です。

おそらく久留米駅から行かれる方が多いと思いますので、今回は「筑後川花火大会2019のシャトルバスの時間は?混雑回避の方法も」ということで、シャトルバスについて見ていきたいと思います。

Sponsored Link

筑後川花火大会2019のシャトルバスの時間や値段は?

twitter

気になるシャトルバスの時間ですが、あまりにも混雑するので出発する時間は特に決まっておらず、バスが満員になったら出発します。

値段は片道¥230円で花火大会が終わったあとの帰りの便も出るそうです。

ですが、行きよりも帰りの方が人が集中するので、帰りだけでもタクシーを使うとかなりストレスが溜まるのを避けられると思います。

また、花火大会終了後の久留米駅も恐ろしいほどの大混雑です!

むしろ帰りの方がすべての交通機関が混んでいるので、時間をずらして余裕を持った行動するのが1番いいと思います。

せっかく花火大会を楽しんだ後にトラブルに巻き込まれたらショックですからね。

Sponsored Link

筑後川花火大会2019のシャトルバスの運行状況は?

それでは次に筑後川花火大会2019のシャトルバスの運行状況から見ていきたいと思います。

筑後川花火大会は打ち上げ場所が2つに分かれていて、篠山会場(大学病院)京町会場(水天宮)があります。

シャトルバスが運行するのは篠山会場のみです。

西鉄「久留米駅」から「大学病院前」で下車し、徒歩10分くらいで篠山会場に到着します。

乗り場が気になりますが、当日は混み方によって乗り場がいろいろ変わるかもしれませんが、係の人がいますし大混雑しているのですぐにわかると思います。

シャトルバスの運行状況は台風のような災害が来ない限り運行するので、花火大会ができれば間違いなくシャトルバスも運行します。

また京町会場(水天宮)方面にはシャトルバスが出ていませんのでご注意ください。

どうしても歩くのが嫌な方は路面バスが出ているのでそちらをご利用するといいと思います。

筑後川花火大会2019のシャトルバスが混雑する時間帯は?

筑後川花火大会2019の打ち上げ時間が、19:40~21:10なので、17時以降は常に大混雑が予想されます。

どうしても混雑を避けたい場合は17時より前に行くかタクシーを利用するのがいいのではないでしょうか。

筑後川花火大会は西日本屈指の花火大会なので九州や関西からもたくさんのお客さんが来られるので混雑を避けるのはなかなか難しいと思います。

ただ花火が見れるということでテンションが上がっているので少しの混雑は気にならないかもしれませんね。

筑後川花火大会2019の混雑回避の方法は?

筑後川花火大会では圧倒的に電車を使う方が多いので、久留米駅での混雑を避けるのはなかなか難しいです。

行きはお昼過ぎの早い時間に行けばスムーズに行けると思いますが、帰宅の際は電車を使わずタクシーや別の交通機関を使うのがいいのではないでしょうか。

たとえ久留米駅を使わず、別の駅から乗ったとしても結局は満員列車に乗ることになってしまいますからね。

若い方やカップルでしたら、その日だけレンタカーを借りれば、終電も気にせず遊べるのでオススメです。

一緒にいれる時間も増え、花火の帰宅ラッシュも避けられるので一石二鳥ですよ!

まとめ

今回は「筑後川花火大会2019のシャトルバスの時間は?混雑回避の方法も」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

シャトルバスの運行は篠山会場のみでしたね。

篠山会場は「大学病院前」で下車し、徒歩10分かかるので、余裕を持っていかれることをおすすめします。

またシャトルバスは片道230円で花火終了後の帰りの便も出るそうです。

行きよりも帰りの方がすべての交通機関が混雑しているので、その後のスケジュールはゆとりを持って組んだ方がいいと思います。

ぜひトラブルに気を付けて夏の最高の思い出を作りましょう!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link