札幌雪まつり2020は予定通り開催される?雪不足で中止や延期の可能性は?








北海道内が記録的な雪不足に見舞われていて心配の声が多数上がっています。

ここまで深刻な雪不足だと札幌雪まつりが開催されるのか不安の方も多いのではないでしょうか。

なので今回は札幌雪まつり2020が予定通り開催されるか探っていきたいと思います。

Sponsored Link

北海道が40年ぶりの記録的な雪不足!

1月6日の札幌の積雪が7センチで年明け前から記録的な雪不足が続いています。

1月1日には札幌の中心部で積雪がわずか1センチと昭和36年の観測開始以来、最も少ないということです。

こちらが札幌雪まつり2020の会場の様子です。

ほとんどないと言っていいですね!

もはや地面が見えていて本当に「これ札幌なの!?」と思ってしまいます。

こちらは去年の札幌市の様子です。

去年も雪が少ないと言われていて10センチ以上の雪がなかなか降っていませんでした。

しかし「さっぽろ雪祭り」の時期にいきなり降ったので、今年もこのような恵みの雪に期待したいところ。

北海道の雪不足の原因はなぜ?

それではなぜ北海道がここまで雪不足なのか理由を見て行きたいと思います。

記録的な少雪となっている原因は、冬型の気圧配置が長続きしないことです。このため、大陸からの寒気の南下が平年より弱く、雪の降る日が少なくなっています。

引用:tenki.jp

札幌に雪が降るのはいつ?

いつから雪が降るか気になるところですが、週刊天気予報を見ても雪だるまのマークが見当たりません。

気温も北海道にしては高いのでこの先も雪不足は続きそうですね。

Sponsored Link

札幌雪まつり2020の中止や延期の可能性は?

記録的な雪不足のため「さっぽろ雪祭り」の準備作業が1月7日からスタートしました。

観光協会によると札幌以外の場所から雪を運ぶので、輸送の時間を確保するために2日早めたそうです。

観光協会もまさかここまで雪が降らないとは想定外でしたよね。

2日早めて間に合えばいいのですが…。

例年では雪像を作り出すのが1月下旬頃から始まります。

それまでには一定数の雪は運びたいところですが、気温が高いと溶けてしまうおそれもあるので、厄介ですね。

雪の搬送は今月末まで続くそうです。

Sponsored Link

まとめ

今回は「札幌雪まつり2020は予定通り開催される?雪不足で中止や延期の可能性は?」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

北海道の雪不足はかなり深刻ですね。

今の時点では予定通りに開催するようですが、自然相手のことなので想定外のことが起きないことを祈りたいですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link