東村芽依は高取国際高校出身?バイト歴や中学からのカラーガードのエピソードも




高校時代からけやき坂46のメンバーとして活動している東村芽依さん。

今回はそんな東村芽依さんの高校やカラーガード部でのエピソードについて見て行きたいと思います。

題して「東村芽依は高取国際高校出身?バイト歴や中学からのカラーガードのエピソードも」です。

Sponsored Link

東村芽依のプロフィール。高校は高取国際高校?

東村芽依(ひがしむら めい)

出身地:奈良県

生年月日:1998年8月23日(21歳)

血液型:O型

身長:153cm

兄弟姉妹:姉2人

特技:ライフル回し、高速三つ編み

好きなもの:映画鑑賞、ショッピング

ニックネーム:やんちゃる、めいめい、めいちゃん

奈良県出身の東村芽依さん。

東村芽依さんが通っていた高校は「高取国際高校」ではないかと言われています。

外国語に強い奈良県の高校を卒業しているということからこの学校が浮上したようです。

フランス語などが勉強できる学科もあるようですが、東村芽依さんがどの学科に通っていたかはわかっていません。

ちなみに偏差値は48です。

東村芽依は高校時代は茶道部でコンビニでバイトをしていた?

東村芽依さんは高校時代は「遊びたい!」ということで週1回の茶道部に所属していました。

部活のない放課後は大阪の遊園地や映画館に行って高校時代を満喫したそうです。

また東村芽依さんは高校時代にコンビニでアルバイトをしていました。

しかしある出来事があり1ヵ月半でやめてしまったんだとか笑。

そのアルバイトをやめた理由がこちらです。

東村は「1ヵ月半ですぐ辞めました」と話し、その理由について「お客さんがアメリカンドッグ買ったんですけど、(私が)ケチャップつけ忘れて、怒られて、泣いて……。で、無理やと思って辞めました」と笑った。

引用:Real Sound

この頃から東村芽依さんは泣き虫キャラだったみたいですね笑。

たしかに関西弁で怒られたらめっちゃ怖そうですが・・・。

東村芽依の中学校はどこ?

続いて東村芽依さんの出身中学について見て行きたいと思います。

東村芽依さんの出身中学校は奈良県の橿原市立八木中学校」という噂です。

最初はtwitterのリークのみの情報でしたが、東村芽依さんが中学校のことについてインタビューで次のように語っています。

――では、芽依さんのキラキラした思い出というと?

「中学のとき、部活でやっていたカラーガードの大会や発表です。うちの中学はだいたい毎年全国大会に出ていて、私のときも出ました。関西大会では金賞で、全国では金賞か銀賞か。それぞれの賞に何校か選ばれるんです」。

引用:HUSTLE PRESS

東村芽依さんが中学に通っていたのは2011年~2013年です。

その年にカラーガードの全国大会に出場していた奈良県の中学校は橿原市立八木中学校」でした。

日本マーチングバンド協会:http://jma.p-kit.com/page235878.html#cz

なので東村芽依さんの中学は橿原市立八木中学校」でほぼ間違いないと思います。

それにしても3年連続で全国大会出場するなんて相当レベルの高い学校なんでしょうね。

東村芽依がカラーガードを始めたのはいつ?

東村芽依さんがカラーガードを始めたのは中1の途中からです。

最初、卓球とカラーガードどちらにするかで迷っていた末に卓球部に入部。

しかしやっぱりダンスが好きだからとカラーガードをすることを決意します。

今思えばこの時カラーガードをしていなかったら、もしかしたらアイドルにもなっていなかったかもしれませんね。

カラーガードのライフルや旗は選ばれたメンバーだけがやることができるポジションだそうです。

その中でもライフルはみんなに人気があり、まずライフルのメンバーが決まるんだとか。

みんなも『ライフルをやりたい』という感じがあって、まずライフルのメンバーが先に決まるんですけど、私は選ばれてました」。

引用:HUSTLE PRESS

カラーガードの重要なポジションを任されることから東村芽依さんのレベルはとても高かったことが想像できますし、周りからも期待されていたことがわかります。

日向坂でも運動神経と負けず嫌いなところは随一なので、これから更に活躍の場が広がることでしょうね。

Sponsored Link

まとめ

今回は「東村芽依は高取国際高校出身?バイト歴や中学からのカラーガードのエピソードも」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

東村芽依さんの高校は「高取国際高校」で、中学校は橿原市立八木中学校」だと言われています。

これから個人でのテレビ出演も増えてくると思うので、新しい情報がわかりましたら、追記していきたいと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link