スタバリザーブストア銀座と他の店舗の違いは?限定メニューも調査!




2019年9月4日に銀座のマロニエ通りに新しいお店「スタバリザーブストア銀座」がオープンします。

スタバの新業態のお店ということで連日話題になること間違いなしです。

ただ「スタバリザーブストア銀座」とは普通のスタバの店舗と一体何が違うのでしょうか。

今回はそんな「スタバリザーブストア銀座」と普通のスタバの店舗との違いを見て行きたいと思います。

題して「スタバリザーブストア銀座と他の店舗の違いは?限定メニューも調査!」です。

Sponsored Link

スタバリザーブストア銀座と他の店舗の違いは?

まずは「スタバリザーブストア銀座」と普通のスタバの店舗との違いについて公式サイトに記載がありましたので、載せておきます。

人里離れた険しい土地で、ごく少量しか収穫できないものや、購買できる量が一袋だけの時も。
そんな個性豊かで希少なコーヒーをご案内するのが「スターバックス リザーブ®」です。

引用:https://www.starbucks.co.jp/roastery/cjp/

つまり普通のスタバの店舗に比べて特に希少性が高く、個性的なコーヒーを淹れている店舗ということです。

スタバが世界を回り厳選したコーヒーを日本で味わえるのはコーヒー好きにはたまりませんね。

「スタバリザーブストア銀座」ではコーヒーの魅力を引き出すために、なんと6種類の抽出器具からコーヒーを選べるそうです。

コーヒー豆だけでなく、コーヒーの抽出の仕方にまでこだわっているので、コーヒー通の方でもきっと満足するコーヒーがいただけるのではないでしょうか。

普通の店舗に比べて、よりコーヒー通に特化した店舗ということですね。

またコーヒーだけでなく、厳選されたティービバレッジ、ビールやワインなどのアルコールも楽しむことができ、フードメニューもとても豊富に揃っています。

スタバリザーブストア銀座の整理券や混雑についてはこちらをどうぞ↓

スタバリザーブストア銀座の整理券の配布は?待ち時間や混雑予想!

スタバリザーブストア銀座の限定メニューは?

続いては「スタバリザーブストア銀座」の限定メニューについて見て行きたいと思います。

「スタバリザーブストア銀座」では2階のメインバーで「プリンチ」を代表的する商品のフォカッチャと本格的なイタリアのサラダやラザニアが選べるランチプレート「TAVOLA(タボラ)」を販売。

みずみずしい野菜と新鮮な魚介類が楽しめるお米のサラダや、南イタリアの代表的なパスタ「カサレッチェ」を使ったサラダなど自分で自由にアレンジできるそうです。

自分の好きな組み合わせを探すのも「スタバリザーブストア銀座」の楽しみ方のひとつかもしれませんね。

場所が銀座ということで、観光客も多く日本とは違う雰囲気を味わえるのではないでしょうか。

まとめ

今回は「スタバリザーブストア銀座と他の店舗の違いは?限定メニューも調査!」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

スタバリザーブストア銀座と他の店舗の違いは、普通のスタバの店舗に比べて特に希少性が高く、個性的なコーヒーを淹れているという点です。

またコーヒー豆だけでなく、コーヒーの抽出の仕方にまでこだわりぬいていてコーヒーのコアなファン向けといった感じです。

「スタバリザーブストア銀座」の限定メニューについてはフォカッチャと本格的なイタリアのサラダやラザニアが選べるランチプレート「TAVOLA(タボラ)」を販売しています。

いろいろな組み合わせを自分で作ることができるので、アレンジのバリエーションも多いようです。

オープン当初はとても混雑すると思いますが、これは行く価値ありですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link