ジャパンオープン2019の滑走順や演技の順番は?終了時間も調査!




2019年10月5日(土)にさいたまスーパーアリーナでジャパンオープンフィギュア2019が行われます。

日本からは宇野昌磨選手、島田高志郎選手、宮原知子選手、紀平梨花選手、ゲストとして織田信成選手が出場されるので楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが日本人選手の滑走順ですよね。

ファンとしては日本人選手の演技はどうしても見たいと思います。

なので今回は「ジャパンオープン2019の滑走順や演技の順番は?終了時間も調査!」ということで、ジャパンオープン2019の滑走順や演技の順番について見て行きたいと思います。

Sponsored Link

ジャパンオープン2019の滑走順や演技の順番は?

まずジャパンオープンフィギュア2019の当日のスケジュールですが、さいたまスーパーアリーナの開場が11:30からで試合開始が12:30からになっています。

ジャパンオープンフィギュア2019は日本、北米、欧州の3地域から男女各2名計4名による団体戦で年によって男子から滑る年と女子から滑る年があります。

気になる2019年の順番はどうやら男子から滑走がスタートするようです。

なので男子選手の滑走は12:30~13:40になり、女子の滑走は14:15~15:30になります。

日本人選手の演技の順番は?

そして気になるのが日本人選手の演技の順番ですが、滑走順については発表がないので2016、2017、2018年の順番をもとに予想してみました。

そうすると日本人選手の男子の場合、2番目と5番目に滑るケースと3番目と6番目に滑るケースがありました。

なので今回もどちらかの順番で滑ると思われます。

ジャパンオープンフィギュアは演技の時間がひとり約8分なので今回、宇野昌磨選手と島田高志郎選手が演技を開始する時間は2番目と5番目の場合は12:40と13:02頃ではないでしょうか。

また3番目と6番目に滑る場合は12:46と13:10頃だと思います。

女子選手の場合も中断明けの2番目と5番目に滑るケースと3番目と6番目に滑るケースがありましたので、2番目と5番目の場合は14:24と14:48頃に演技が開始されると思います。

3番目と6番目に滑る場合は14:32と14:57頃です。

余程のアクシデントがない限り時間が大きくズレることはないと思うので、日本人選手の演技だけでも見たい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

ジャパンオープン2019フィギュアの終了時間も調査!

ジャパンオープンフィギュア2019の演技の終了時間は15:30になっています。

その後は16:15~17:15までフィナーレが行われ、18:30~21:00までカー二バルオンアイスが開催されます。

カー二バルオンアイスとは選手同士の競演が見れる、まさにカーニバルのようなイベントです。

ジャパンオープンフィギュアの雰囲気とは全く違い、選手の素の表情が見れ、会場全体が楽しい雰囲気に包まれます。

トップ選手同士のコラボは見ものですよ!

まとめ

今回は「ジャパンオープン2019の滑走順や演技の順番は?終了時間も調査!」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

ジャパンオープンフィギュア2019の男子日本人選手の滑走順は過去のデーターから2番目と5番目か3番目と6番目ではないでしょうか。

演技が始まる時間は14:24と14:48頃12:46と13:10頃だと思います。

女子日本人選手も女子の組が始まって2番目と5番目か3番目と6番目に滑ることが多いようです。

演技が始まる時間は14:24と14:48頃14:32と14:57頃だと思います。

またジャパンオープンフィギュア2019の全ての演技が終了する時間は15:30です。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link