幽遊白書の舞台(東京公演)の感想や評判は?ぼたんが可愛いと話題!




2019年8月28日から名作マンガ「幽遊白書」の舞台版が東京の「シアター1010」で開幕しました。

「幽遊白書」は日本だけでなく、海外でも大人気なので開幕前からとても話題になっており、開幕を楽しみにしていた方も多いと思います。

残念ながらチケットを取ることができなかった方も次の公演に向けて実際の感想や評判が気になりますよね。

なので今回は「幽遊白書の舞台(東京公演)の感想や評判は?ぼたんが可愛いと話題!」ということで、幽遊白書の舞台の評判について見て行きたいと思います。

Sponsored Link

幽遊白書の舞台(東京公演)の感想や評判は?

それでは実際に幽遊白書の舞台に行った方がツイッターで感想をつぶやいていたので、見て行きたいと思います。

かなり評判がいいようですね!!

幽遊白書の舞台化は今回が初めてなので、マンガやテレビの中のキャラクターが実際に動いているのを見ると不思議な感覚だったのではないでしょうか。

しかもテレビ放送されたのが1992年10月~1995年1月までなので、この時リアルタイムで見ていた方は感動してしまいますよね。

今回の幽遊白書の舞台化を知るのが遅くてチケットを取れなかったという方も非常に多くファンとしては次の公演が待ち遠しくてしかたないですよね。

幽遊白書の舞台(東京公演)の当日券についてはこちらをどうぞ↓

幽遊白書の舞台(東京)当日券の倍率はやばい?行列や混雑状況も!

幽遊白書の舞台(東京公演)のぼたんが可愛いと話題に!

幽遊白書の舞台はとても評判がよく、楽しかったという感想が多かったのですが、中でも「ぼたん」が可愛くてマンガそのままと話題になっていました。

「ぼたん」がマンガのそのままという意見が多く、再現性が非常に高かったようですね。

ビジュアルだけでなく、声もそっくりだそうなので今後行かれる方は期待していいのではないでしょうか。

幽遊白書の舞台がきっかけで今年のハロウィンは「ぼたん」のコスプレが増えたりするかもしれませんね。

続いては幽遊白書の舞台のあらすじについて簡単に説明したいと思います。

幽遊白書の舞台(東京公演)のあらすじは?

今回の幽遊白書の舞台の内容は事故に遭ってしまった浦飯幽助が試練を乗り越えて生き返り、霊界大秘蔵館から盗まれた闇の三大秘宝を蔵馬や飛影、剛鬼から取り返すという原作の序盤の話だそうです。

幽遊白書の戦闘シーンもダイナミックに表現されており、蔵馬と飛影の殺陣のシーンは迫力満点で見ごたえ十分な内容になっています。

あのマンガで見たシーンがリアルで見れるなんて嬉しすぎますよね。

霊丸もプロジェクションマッピングで本当に撃っているように見えるそうで、これを見るだけでも行く価値はあるのではないでしょうか。

まとめ

今回は「幽遊白書の舞台(東京公演)の感想や評判は?ぼたんが可愛いと話題!」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

幽遊白書の舞台の評判はとてもよかったという意見が多く、完成度の高さを物語っていました。

幽遊白書はかなり懐かしいマンガなので小さい頃や学生時代に見ていた方にとってはとても感動的だったと思います。

特に「ぼたん」が可愛くてマンガそのままと話題になっていましたね。

幽遊白書の舞台化を知るのが遅くチケットを取れなかった方も多かったので、また次の公演を期待したいところです。

今後、更にこのような2.5次元ミュージカルの人気が高まるのは間違いないのでチケット情報は細目にチェックするのがオススメです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link