向翔一郎の高校や経歴は?大学時代の破門理由や父親の画像も調査!




2019年8月25日から開催されている世界柔道2019ですが、日本人選手のメダルラッシュでとても盛り上がっていますね。

世界柔道2019は来年の東京オリンピックにつながる大会なので選手の気合の入り方も半端じゃなく、いい試合ばかりです。

今回はそんな世界柔道に初出場する向翔一郎選手にスポットライトを当てて紹介していきたいと思います。

題して「向翔一郎の高校や経歴は?大学時代の破門理由や父親の画像も調査!」です。

Sponsored Link

向翔一郎の高校や経歴は?

向翔一郎選手は富山県高岡市出身で、高校は高岡第一高校に通っていました。

向翔一郎選手は中学の頃に上京し、講道学舎という柔道の私塾に通っていたため高岡第一高校に入学した際には回りからとてもちやほやされていたそうです。

そのため練習には熱心に取り組まなかったそうで、中学まで圧勝していた同級生に敗れてしまいます。

この時の負けがよっぽど悔しかったのと今までの不真面目な態度を父親に諭され、柔道に真剣に取り組むようになります。

そのかいがあり、高校3年の時にはインターハイの81kg級で5位になりました。

スポーツでは負けがその人をさらに強くすると言いますが、向翔一郎選手の場合はその負けが学生の早い時期に訪れたのがよかったのかもしれませんね。

向翔一郎の経歴は?

twitter

向翔一郎選手は大学では実はアメリカンフットボールをする予定だったそうなんですが、日本大学の柔道部にスカウトされて柔道を続けることを決心します。

2014年に大学1年の時には全日本ジュニア決勝で天理大学の具志堅一弘選手を破って優勝します。

2年の時には6月の全日本学生柔道優勝大会で3位。

2015年の全日本ジュニア決勝では筑波大学の大橋賢人選手を破って2連覇を達成します。

3年の時には6月の全日本学生柔道優勝大会で惜しくも2位でしたが、10月の学生体重別選手権大会では見事に優勝し、「ベイカー茉秋を倒します」と宣言しました。

4年の時には4月の学生体重別選手権大会で初優勝を飾りますが、アジア選手権では準決勝で惜しくも敗れて3位でした。

これだけの成績を見ると、大学入学当初にアメリカンフットボールを始めようと思っていたなんて信じられませんよね。

日本大学の柔道部の方も向翔一郎選手の柔道の才能には気づいていたんでしょうね。

向翔一郎の大学時代の破門理由は?

高校からまじめに柔道に取り組んでいたはずの向翔一郎選手ですが、実は日本大学4年の時に1度柔道部への出入り禁止の処分を受けています。

いわゆる破門というやつですね。

向翔一郎選手は過去に度重なる遅刻をしていたそうで、最終的なきっかけになったのが4年の時のアジア選手権後の日本大学の集合に遅刻したことのようです。

柔道は技や強さだけでなく、礼を重んじるスポーツなので向翔一郎選手にはこの部分が少し足りなくて、破門という形になってしまたのだと思います。

そのため向翔一郎選手は警視庁や国士舘大学に出稽古に行く日々が続きます。

そんななか11月の講道館杯では準決勝まで全て1本勝ちし見事に優勝。

大会後、日本大学柔道部の金野監督に遅刻の件を謝罪しに行き再び柔道に出入りすることを許されます。

向翔一郎の父親の画像を調査!

向翔一郎選手の父親はもともと柔道の指導者で向翔一郎選手が柔道を始めるきっかけになった人です。

そんな向翔一郎選手の父親はどんな人なのか見て行きたいと思います。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🥋小杉中学校合宿🥋 7/6,7,8で行われました小杉中学校合宿に参加してまいりました! 弱いながらもそれなりに頑張った?と思います💦 どーしたら、気持ちが強くなるか! どーしたら、考えてくれるか! 小杉中学校の朽木先生、村井先生、ご父兄の方々、OBOGの方々、生徒の皆さん、本当にありがとうございました🙇‍♂️ また、年甲斐も無く練習して、腰&足が痺れてます💦 昭和40年の同級生と記念撮影📸 #小杉中学校 #柔道 #合宿 #高岡第一OB #小杉高校OB #富山第一OB #小杉中学校OB

向吉嗣さん(@yoshitsugu.mukai)がシェアした投稿 –

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🥋日大世界選手権壮行会🥋 今回、日本大学からは、日本代表2名、カナダ代表1名、ブルガリア代表1名、フィリピン代表1名の計5名です。 学生時代から知っている、原澤君、ダニエル君、今回欠席だったレイズ君、本当にすごいメンバー、すごい環境の中やらせて頂いたんだと実感致しました。 この8月の世界選手権大会に向けて頑張ってもらいたいと思います🇯🇵🇯🇵🇨🇦🇧🇬🇵🇭 応援のほど、よろしくお願い致します🙇‍♂️ それにしても、錚々たる来客……場違いのような、複雑な気持ちでした💦 #日本大学#世界柔道選手権大会#原澤久喜#向翔一郎#柔道#JUDO#柔道日本代表#shoichiromukai#向翔一郎選手#柔道日本

向吉嗣さん(@yoshitsugu.mukai)がシェアした投稿 –

1枚目の写真の右側の方と2枚目の写真の真ん中の方が向翔一郎選手の父親のようです。

お名前は向吉嗣さんではないかと思われます。

今でも柔道の指導をしているそうなので、身体がとても引き締まっていますよね。

年齢はわかりませんが、とても顔が若々しいと思います。

今回の世界柔道でも応援している向吉嗣さんの姿が見ることができるのではないでしょうか。

まとめ

今回は「向翔一郎の高校や経歴は?大学時代の破門理由や父親の画像も調査!」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

向翔一郎選手の高校は富山県の高岡第一高校でしたね。

大学4年の時には度重なる遅刻が原因で日本大学の金野監督に破門を言い渡されますが、講道館杯での優勝後の謝罪で無事に日本大学柔道部への出入りが許されます。

また向翔一郎選手の柔道を始めるきっかけになった父親の向吉嗣さんは現役で柔道の指導をしており、とても若々しい方でしたね。

世界柔道2019ではぜひ向翔一郎選手に活躍していただき、親子で喜んでいる姿を見たいですね!

向翔一郎選手の活躍に期待です。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link