高円寺阿波踊り2019の穴場はどこ?混雑回避や場所取りの時間は?




2019年8月24日(土)、8月25日(日)に東京の高円寺で「東京高円寺阿波踊り」が開催されます。

このイベントは徳島市阿波踊りの次に大きい阿波踊りのイベントで徳島県や遠方からも多くの方が参加するので、東京の代表的な夏祭りのひとつになっています。

来場者は東京以外からも多くの方が見に来られるので、毎年約100万人近くの来場者を記録し話題です。

なので今回は「高円寺阿波踊り2019の穴場はどこ?混雑回避や場所取りの時間は?」ということで、高円寺阿波踊り2019の穴場や混雑回避の方法について見ていきたいと思います。

Sponsored Link

高円寺阿波踊り2019の穴場はどこ?

高円寺阿波踊りでは気軽に訪れる方にはパル商店街、ルック商店街がオススメだそうです。

またメインストリートの西側のパル演舞場、ルック第一演舞場、ルック第二演舞場は大通りに比べると道幅が狭いので、踊りを近くで見ることができます。

さらに踊っている横を比較的自由に移動することができるので、一緒に並走しながら見物することも可能です。

近くで見るとまた踊りの迫力も違うので、おススメのスポットになります。

またJR高円寺駅の北口のひがし演舞場、純情演舞場もメインの演舞場よりも快適に見物できるので、おススメです。

高円寺阿波踊り2019の混雑回避や場所取りの時間は?

高円寺阿波踊りは毎年100万人近くの来場者を記録するので、祭りの当日は凄まじい混雑が予想されます。

人ごみや混雑が苦手な方、またはお子さんを連れて見に行きたい方にとっては少し参加するのを躊躇してしまいますよね。

そんな方にとって参加しやすいのが、8月23日(金)に行われる「ふれおどり」という前夜祭です。

時間は18:00~20:00の予定で、JR中央線の高円寺駅の南北商店街で行われます。

年々、この前夜祭も来場者が増えているようですが、当日に比べればまだ混雑が緩いので参加しやすいのではないでしょうか。

しかもこちらの写真でわかるようにすぐ目の前でパフォーマンスを見れるので、とても臨場感があり自分も参加しているような感覚を味わえます。

夕方から行われるので、仕事帰りの方も見に行くことができますし、前夜祭を見てから飲むお酒はまた格別かもしれませんよ!

当日の大混雑が嫌な人はぜひ前夜祭に参加してみてはいかがでしょうか。

高円寺阿波踊り2019の場所取りの時間は何時から?

高円寺阿波踊りは沿道に敷かれているゴザから見るスタイルが一般的。

場所取りの競争率は年々高まっており、人気の場所などは朝早くから場所取りをしている人がいるようです。

こちらが場所取りについての公式のルールなので、トラブルにならないためにも1度目を通しておきましょう。

車道上にテープを貼っての場所取りは、禁止されています。
大会当日開始前に貼られたテープは警察、実行委員会、踊り手により剥がす作業を行います。
また、店舗の営業を阻害するような場所取り・観覧はご遠慮ください。

引用:http://www.koenji-awaodori.com/other/faq.html

高円寺阿波踊りでは物やシールを貼っての場所取りをすることは禁止されているので、場所取りする場合は必ずその場で待機して開始時間を待ちましょう。

なのでどうしても人気の場所をキープしたい場合は開始時間まで仲間と交代で場所を確保する方法がいいのではないでしょうか。

当日は気温も高くなることが予想されるので、場所取りをする場合はくれぐれも熱中症にはお気をつけください。

またルール違反があると来年の場所取りにも影響しますので、必ずルールやマナーは守って場所取りするようにしましょう。

去年の情報ですが、朝9時からすでに場所取りをしている方がいて、お昼の12時にはかなりの方が場所取りをしていたようですね。

なのでどうしてもいい場所を取りたい方は朝の9時から待機すれば可能性は高いのではないでしょうか。

まとめ

今回は「高円寺阿波踊り2019の穴場はどこ?混雑回避や場所取りの時間は?」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

高円寺阿波踊り2019の穴場はパル商店街、ルック商店街がオススメです。

またメインストリートの西側のパル演舞場、ルック第一演舞場、ルック第二演舞場は大通りに比べると道幅が狭いので、迫力あるパフォーマンスを見ることができます。

当日の混雑がどうしても嫌な方は8月23日(金)に行われる「ふれおどり」という前夜祭に参加してみてはいかがでしょうか。

年々、前夜祭も混雑が激しくなっているようですが、当日よりは快適に過ごせると思います。

場所取りについては朝9時から行えば、いい場所を確保できる可能性は高そうです。

その際はくれぐれも熱中症にはお気をつけください。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link