八村塁の高校での活躍がすごい!高校時代のスーパープレイ動画も




現在、NBA挑戦を宣言してドラフトにエントリーすることを表明した八村塁選手。

日本人として初の1巡目指名を期待する声も多く、日本バスケ界の期待のエースとして話題になっていますね。

今回は、そんな八村塁選手の高校時代の活躍がすごいので見ていきたいと思います。

Sponsored Link

八村塁の高校での活躍がすごい!

八村塁選手はお父さんがベナン人で、お母さんが日本人というハーフのバスケット選手です。

富山私立奥田中学校に入学してからバスケを始め、3年生の時に全国中学校大会に出場していますが、奥田中学校の坂本コーチは当時の八村塁選手を意外にもおとなしいタイプだったと語っています。

八村塁選手は高校は宮城県仙台市の明成高校へ進学されてそこから怒涛の成長と活躍をとげます。

 

一年生

一年生からチームの主力メンバーとなり、インターハイではベスト4、ウィンターカップの決勝戦ではゴール下を支配し、32得点をあげ明成高校の優勝に大きく貢献します。しかも、大会得点ランキング2位という存在感。

大会ベスト5にも選ばれ全国の高校に八村塁という名前をとどろかせます。

一年生のインターハイでこれだけの活躍ができるのはさすがの度胸と勝負強さですよね!

相手チームにとっては脅威でしかないですね。

二年生

二年生のインターハイでは決勝で福岡大学付属大濠高校にやぶれ惜しくも準優勝という悔しい結果に終わりますが、ウィンターカップでは二連覇を果たします。

自身も2大会連続で大会ベスト5に選ばれ、チームとしても個人としても素晴らしい成績を残します。

一年生の時とは違い相手チームから相当警戒されていながら、これだけの成績を残せるのは努力の賜物ですね。精神力が高校生離れしています!

三年生

三年生のインターハイでは決勝で愛知県の桜丘高校を92-69で破り、明成高校をインターハイ初優勝に導きます。ウィンターカップでも茨城県の土浦日大に78-73で逆転勝ちし、3連覇の偉業を成し遂げます。

決勝では34得点を、19リバウンドを記録し、もちろん大会ベスト5にも選ばれます。

高校最後にふさわしい最高の成績ですね!

高校生の中では、敵なしといった感じでしょう。

U-17世界選手権

2014年に行われたU-17世界選手権では日本代表としてアメリカ代表と対戦。

試合は122-38の大敗でしたが、八村塁選手はチームの38得点のうち25得点を入れるという活躍を見せます。

試合後のインタビューでは「楽しかったです!」と語っていて、なんとこの世界選手権で大会得点王を獲得されます。

アメリカ代表に憶することなくプレイできるのは、きっと自信の表れではないでしょうか。

世界選手権で大会得点王とか、かっこよすぎですよね!

日本代表候補に選出

2015年の高校三年生の時にバスケットボール日本代表候補に高校生として唯一選ばれます。

代表の長谷川健志監督は「高校生離れしている」と語り、同じく代表候補に選出された田臥勇太は「能力がある。うらやましい。」と語っていたそうです。

まさに日本バスケ界の宝といった感じですね。

Sponsored Link

高校時代のスーパープレイ動画も

八村塁選手の高校時代の成績をみてきましたが、実際に八村塁選手の高校時代の貴重なプレイ動画が見たいと思いますので、載せておきたいと思います。

動きが一人だけ異次元ですよね!

高校生でダンクなんてかっこよすぎです!!

こちらは三年生で初優勝を果たしたインターハイ決勝です。

最後のインタビューでは堂々としていて、とてもいい笑顔を見せていますね。

まとめ

今回は、八村塁選手の高校での活躍がすごい!ということで高校時代の成績や記帳な動画を見てきました。

高校時代の成績は圧巻でしたね!

間違いなくバスケ界で一番有名な高校生だったことでしょう。

八村塁選手を見てバスケットを始める方も出てきそうですね。

是非、バスケ界の先駆者としてNBAでの大活躍を期待したいですね