三谷竜生の経歴や成績がスゴイ!昨年は賞金王でグランプリも優勝!




元℃-uteの岡井千聖さんとの不倫が報道された競輪選手の三谷竜生さん。

岡井千聖さんとは2018年春頃から交際がスタートしていたそうです。

三谷竜生さんは競輪界では有名ですが、一般的には知らない人が多いと思いますので、今回は三谷竜生さんのプロフィールや経歴について見ていきたいと思います。

題して「三谷竜生の経歴や成績がスゴイ!昨年は賞金王でグランプリも優勝!」です。

Sponsored Link

三谷竜生のプロフィール

名前:三谷竜生(みたに りゅうき)

生年月日:1987年9月5日(31歳)

出身地:京都府(競輪の登録地は奈良県)

身長:168.0cm

体重:77.1kg

血液型:B型

三谷竜生さんは男3兄弟の末っ子で兄弟はみんな競輪選手です。

競輪界で三谷3兄弟と言われていて父親の典正さんも元競輪選手でした。

三谷竜生さんは身長が168cmとアスリートにしては低い方ですが、体重が77kgあるので筋肉の量が凄そうですね。

しかも競輪は風の抵抗があるので、身長が低いのは競輪選手としては武器になるのかもしれませんね。

Sponsored Link

三谷竜生の経歴や成績がスゴイ!

三谷竜生の学歴は?

三谷竜生さんは高校は地元の京都府にある東山高等学校に行かれ、大学は関東学院大学に進学されました。

高校・大学時代はラグビーをやっており、関東学院時代にはセンターのポジションだったそうです。

関東学院大学はラグビーが強くて有名な大学なので、三谷竜生さんも相当上手かったんでしょうね。

しかし大学卒業時にトップチームからの誘いがなかったため、ラグビーをやめて自転車競技に転身します。

大学卒業から自転車を始められて今の地位まで上がってくるなんてスゴイですね!

ラグビーで鍛えていた筋肉が競輪で生かされたのかもしれませんね。

また父親が競輪選手だったということで、しっかり競輪の血を受け継いでいたことでしょう。

三谷竜生の競輪選手としての経歴や成績は?

続いて三谷竜生さんの経歴や成績を見ていきましょう。

2010年国民体育大会の成年・1kmタイムトライアル優勝。

2011年に競輪学校に入学

競輪学校時代の在校競争成績は16位で卒業レースでは2位に入ります。

競輪学校に入学する前に1kmタイムトライアルで優勝しているのは驚きです。

早くも異様な経歴が出てきましたね。

2012年7月1日に京都向日町競輪場でデビューし、初勝利。

2013年12月のヤンググランプリでは3着。

2014年読売新聞社杯ではG1初出場。優秀新人選手賞を獲得。

2017年5月日本選手権競輪を初制覇

2018年5月日本選手権競輪を史上7人目となる連覇

2018年6月の高松宮記念杯競輪も優勝

2018年12月KEIRINグランプリでも優勝

2017年からの成績が圧巻です!

まさに今選手として絶好調な時期ですし、完璧な経歴と言えるでしょうね。

Sponsored Link

三谷竜生の2018年の獲得賞金がヤバい!

三谷竜生さんは2018年に見事に賞金王になられていて、その賞金額というのがなんと2億5531万3千円です。

しかもこの金額は年間賞金獲得額の新記録なんだとか。

大学までラグビーをやっていた経歴からは想像できない活躍ですよね。

末っ子の三谷竜生さんが父親の競輪の才能を1番受け継いだのかもしれません。

Sponsored Link

まとめ

今回は「三谷竜生の経歴や成績がスゴイ!昨年は賞金王でグランプリも優勝!」ということで見てきましたが、いかがだったでしょうか。

三谷竜生さんは男3兄弟の末っ子で兄弟はみんな競輪選手です。

また父親の典正さんも元競輪選手でした。

高校・大学とラグビーをやっていてという経歴の持ち主で競輪に必要な身体作りはその頃に出来ていたのかもしれません。

2018年には日本選手権競輪、高松宮記念杯競輪、KEIRINグランプリと3つのタイトルを獲得しています。

また2018年には賞金王にも輝き、その賞金額が驚きの2億5531万3千円と年間賞金獲得額の新記録を達成。

今回の元℃-uteの岡井千聖さんとの不倫で初めて三谷竜生さんのことを知りましたが、競輪界で今絶好賞の選手でした。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link